モニタリング(遠隔監視)

風力分野で世界的に定評のある
ORBITALのOrbiSCADAを採用。

風力分野とオートメーションのコントロールシステムを専門に手掛けるオービタル(デンマーク)。特に風力分野では世界的評価が高く現在稼働する7,000件以上のシステムを構築した実績があります。ソリッドウィンドパワー専用に開発された電気コントロールモジュールとモニタリング(遠隔監視)システムを採用し、タービンの安定した稼働に大きく貢献しています。

インターフェイスイメージ
インターフェイスイメージ

シンプルなインターフェイス、
マルチディバイス対応で
24時間モニタリング。

オービタルの風力発電モニタリングシステムOrbiSCADAは、インターネットの暗号化通信で、遠隔の監視、操作を可能にします。ユーザーはOrbiSCADAにログインすると、システムは毎秒更新されるライブデータを示し、発電機の停止やスタートなど、システムの現在の状態を把握することができます。さらにコントロールシステムが検知した不具合や危険な天候の際、すぐにサービス技術者に通知します。システムは毎分ごとに様々なデータを集め保存します。これによりユーザーは1年前からの状態を検証することができます。

OrbiSCADAで
実際に稼働中のソリッドウィンドパワーを
モニタリングできます。

Username: uk@solidwindpower.com

Password: rmastrin

OBITAL本社にて、弊社武中、CEOのNiels Hansen氏、松井、久野の写真

OBITAL本社にて、
左から弊社武中、CEOのNiels Hansen氏、松井、久野。

OrbiSCADAについて説明を受けるCPOWERのスタッフの写真

OrbiSCADAについて説明を受けるCPOWERのスタッフ。

CONTACT CPOWER

CONTACT

ソリッドウィンドパワーSWP-19.8kWについてのお問い合わせ

ご用件
会社名
お名前
電話番号
メールアドレス
住所(任意)
問い合わせ内容

Facebook
PAGE TOP
PAGE TOP