風車の特長を活かした
自家消費型風力発電。
その3つのメリットとは。

❶ 電気料金の削減

自家発電をベースにすることで年々上昇傾向にある電気料金を抑制し購入電力を削減します。また、夜間の発電を蓄電池に溜めて昼間に利用することにより、購入電力をさらに削減することができます。

電気料金の削減

※電力中央研究所の予測によると電気料金は2030年までに年1.2%~年2.9%の上昇が試算されています。

❷ CO2削減

電力会社から購入する電力の大部分は火力発電によるものです。風力発電はすべてクリーンエネルギーのため、大幅なCO2削減で環境保全に貢献できます。

❸ 非常時対策

これからの企業は非常時対策(BCP)は必須です。自家消費型風力発電は、非常用電源として企業が営むための最小限の電力を確保することができます。

BCP Business Continuity Plan
テロや災害、システム障害など危機的状況下に置かれた場合でも、重要な業務が継続できる方策を用意し、生き延びられるようにしておくための計画。

さらに節税と補助金がつかえます!

節税

中小企業経営強化税制

どちらかを選択できます。

100%償却初年度

10%税額控除納税額減額

※資本金3,000万円~1億円以下の法人は7%

補助金

二酸化炭素排出抑制
対策事業費等補助金

再生可能エネルギー
電気・熱自立的普及促進事業

■工事費と設備費の合計の1/3。
または6~7万円/kW(※)

※補助金の金額は前年度の実績です。新年度については確定次第お知らせいたします。

そして、究極の選択肢
「ハイブリッド型」自家消費発電。

風力発電と太陽光発電の
長所を活かした
「ハイブリッド発電」

風力発電の特長

  • 24時間風さえあれば発電する
  • 季節風が強い冬場に有利

太陽光発電の特長

  • 需要が多い昼間に発電する
  • 日射時間の長い夏場に有利

再生可能エネルギーは季節や天候、時刻の影響を受ける変動電源です。二つの特長を合わせて利用することにより、より安定した発電を可能にします。

CONTACT CPOWER
Facebook
PAGE TOP
PAGE TOP